2008年04月27日

「稲盛和夫の論語」より

地味な努力を積み重ねる

成果は努力の累積である。
努力の結果が表れる時期が遅れることはあるが
長期的な成果は努力の結果である。
人に見えないところで何をしたか
その努力が違ったところで花を咲かすこともある。
因果応報、無駄な努力はない。目の前の課題に真剣に誠実に
取り組もう。




posted by sato at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

「稲盛和夫の論語」より

人間の無限の可能性を追求する

人間は自分の道を見出し熱意を持って努力を継続すれば
願望を現実に近づけることが出来る。結果として達成できなくても、
人間力が高まり、より良い人生となっているはずである。
そしてこのような人生では全ての結果(現実)は
自分の中にその理由・原因があると思え、不平・不満を感じる
ないのであろう。



posted by sato at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

「稲盛和夫の論語」より

反省ある人生を送る

人生の目的は人間性を高めること。
人間性は「心の鏡」をきれいに磨くことで高まっていく。
「紳士たれ」「清く正しく美しく」
いい生き方をしていこう。
posted by sato at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

「稲盛和夫の論語」より

素直な心をもつ

素直な心とは毎日の反省によって自分自身のいたらなさを認め、
そこから努力するという謙虚な姿勢のこと


企業哲学者ジム・ローンは「いつもやっていることをやっていれば、いつも手に入るものしか手に入らない」と言った。人は常に学び、成長する生き物である。物理学ではこの世に静止した物体は無く、命あるものは常に変化し続けると考えられている。
無反省(成長をあきらめること)は無責任でもある。
楽しく充実した人生のため、社会人としての最低限の責任として
素直でいよう。
posted by sato at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

「稲盛和夫の論語」より

倹約を旨とする

分度をわきまえ効率的に最大の売上を上げる。
ローコストオペレーションとハイパフォーマンスの両方を
追求していこう。

posted by sato at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

「稲盛和夫」の論語より

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

正しい方向性の理念・信条を定めて自分を想定して行動する。
熱意は自分の考え方に自信が持ててこそ継続する。
能力はその継続の中で身に付く。
まずは自分を知ることが大事である。
posted by sato at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

「稲盛和夫の論語」より

愛と誠と調和の心をベースとする

「愛」は他人の喜びを自分の喜びとする心
「誠」は世のため人のためになることを思う心
「調和」は自分だけでなく周りの人々が常に幸せに生きることを願う心


今の時代では薄れている意識だと思う。
資本主義の中では競争もあるが
相手を思いやる心は持ち合わせよう。
武道の精神というか、礼で始まって礼で終わる
相手を敬った上での競争しよう。

posted by sato at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「稲盛和夫の論語」より

一日一日をど真剣に生きる

「世のため人のため」と思えば、まだまだ無限にやることはある。
もっと大きな志が持てるようにならなければならない。
それが自分の充実した人生になるのだし。








posted by sato at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

「稲盛和夫の論語」より

信頼はみずからの内に築く

信頼関係は土台である。しっかり大きなものでなければ
高く積み上がらならない。
そして、信頼関係はまず自分がどれだけ信頼に値するか。
自分自身の見識・器量の大きさが成果に比例する。

posted by sato at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

「稲盛和夫の論語」より

みずから燃える

常に目標を持ってその達成のために頑張る。
これが充実した人生である。
イメージして育てて楽しんで。
そうするとその方向にことが運んでいく。

posted by sato at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

「稲盛和夫の論語」より

善に見る習慣をつける

善に見ればプラスに展開する。
悪に見ればマイナスに展開する。
現実は自分の心の鏡である。

posted by sato at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「稲盛和夫の論語」より

常に謙虚であらねばならない

常に人間的な幅と深さを追求するべきである。
世の中の未知の世界はまだまだある。
この探求が充実した人生となるのであろう。

posted by sato at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

「稲盛和夫の論語」より

ありのまま自分を見つめる

人と人の間にいるからこそ人間。
利他の心を持って臨んでいる挑戦は尊い。
そのような人を(自分も含めて)応援しよう。
posted by sato at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

「稲盛和夫の論語」より

動機善なりや、私心なかりしか

私利私欲のためだけになっていないか。
その本質が求められている商品・サービスであるか。
偽りはないか。
正しく良いことが受け入れらなくなったらその事業は止めよう。
時代が変わったということだ。新しいことを考えよう。
人間は生成発展している。会社という組織も必要以上に生き残ろうと無理をしてはいけない。使命を達成したら生まれ変わることを考えよう。


posted by sato at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

「稲盛和夫の論語」より

人生の目的を求める

孔子は「仁」をもっていきることが人生最大の目的だと述べた。
「仁」は利他の心、思いやりや慈しみ
そして、「人は練磨によって仁となる(道元)」。
自らを磨き鍛錬していこう
posted by sato at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲盛和夫の論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。